私の着物との出会いと思い出、一生の宝物。

私と着物との関わりは美容師の専門学校からでした美容師は着付けもできて当たり前という風習みたいなものがあったので学校当初から資格を取る気で入学しました

学校時代は資格を取るために2年間は講師の先生の元一から着物の名称から歴史着せ方を教わり自身身長がとても小さかったので当時は背の大きい人を着せるのがとても大変だったのを覚えています

資格を取得できるころには学生ながら着付ける所までできるようになって嬉しかったのを覚えています卒業をして一人前として就職してからが凄く大変でした

資格で勉強した事はお客様に生かせるのだが勉強以外で必要なスキルがすぎてお客様を着付けできないこれは一から勉強するしかない思いまた講師の先生のもと教えを頂きながらのアシスタントとして勉強しました

着物の着付けの練習をたくさんしました

学校で学んでいたときには着物も準備されているし着せ合う仲間もいたので何も準備することがなかったのですが卒業すると道具から準備があり着付けを勉強するには着物はいるし人が居なければマネキンを購入したりお客様を着せるためには何回も練習が必要なので大変でした

自分で買った着物が破けてしまうくらい練習したものもありますそんな日々を過ごしているうちに先生から講師の先生をしてみないかとお声をかけて頂き戸惑いましたが自分のスキルが後輩たちに役に立つのならとさせて頂きました

私の教えた後輩たちが今は独り立ちをしている話を聞くと嬉しくなります今は引退をしてしまいましたが今でもそのときの着物は大切な宝ものです

着物はキレイだけどいろいろ大変だと思いました

着物って見た目は華やかだしスタイルに関係なく着ることが出来るのが魅力と言えますが着るのも大変だし立ち振る舞いも難しいということが出来ます

私の場合は昨年姉の結婚式で色留袖を着たのですが当然自前ではなくレンタルですしさらには自分では着ることが出来ないので着付けを依頼しました

ネットで色留袖をレンタルする為にいろいろなサイトを比較していて思ったのですがまず留袖と比べて圧倒的に種類が少ないという点です

そして写真でみると絵柄が派手だなと思ってしまい出来るだけ地味なモノと思って選んだら着付けの際にコレは50代や60代の人でも着れる絵柄だと言われてしまいました

洋服の場合の感覚とはやはり大分違うのだなと改めて思いましたし帯からインナー下駄や扇子まで全部で16点セットのモノを選び2万円程のレンタル料金でした

それに着付けとヘアセットとメイクをお願いして1万5000円だったのでそれにご祝儀の5万円をプラスするとかなりの出費でしたね

着物を着るのは大変なこと

そして当日は慣れない着物で四苦八苦しましたまず階段や車に乗る際に足が全然上がらないトイレの際に裾が気になる何より帯が体を締め付けるので食事もろくにとれない状態でした

まあ結婚式の後に写真撮影がありキレイに撮ってもらえたのはいい記念になりましたが着物って大変というのが正直な所ですそれに現代社会においてはなかなか着物を着る機会もないですよね勿論日常的に着ている人もいるのでしょうが少数派と言えます